対物差額修理費用特約は必要か

通常の自動車保険の内容ではカバーしきれず、思わぬ出費を強いられる事故があります。

相手が高級車やクラシックカーだった場合の事故がそうです。

 

自動車事故を起こして相手の車両を破損させたとき、支払われる金額の基準になるのは時価です。

ただし、一般的な量産車ではない高級車やカスタムカー、クラシックカーなどは修理費用が時価を大幅に上回ることがあります。

必要なパーツが既に生産されておらず特注になる、それを修理できる技術者が少ないといった事情がある場合、運搬費用なども含め修理費用が大幅に上がってしまうのです。

時価は50万の車でも修理費用には70万かかってしまうといったことがあり、50万円は保険から支払われるのですが、残り20万は自腹ということになります。

 

こうした差額をカバーしてくれるのが対物差額修理費用特約です。

このケースであればさらに20万円が支給され、自腹を切る必要はなくなります。

 

ただ、相手の車の持ち主がその車に異常に愛着を持っているだとか、思い出があるからといった、他人ではうかがい知れない事情がある場合についてはこちらにそこまでの支払い義務は法律的にはありません。

あくまで特殊な車であり、その価値がある程度世間でも認められている車であるという条件がついています。

よって、この特約がそこまで必要かどうかと言われれば疑問符がつくところではあります。

トラブルを避けたい方は付けておいても良いですが、保険料をできるだけ節約したいという方は外してしまうという選択肢もアリでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>